クマの出没注意


ページ番号1000718  更新日 令和2年4月1日


ツキノワグマの出没に注意しましょう

春季には山菜採り等で人が山林に入る機会が多くなり、また、クマが冬眠から明けて餌を探し始めるため、予期せずクマと遭遇する危険性が高まります。

ツキノワグマの出産や子育て等には、山の堅果類の豊凶が影響を及ぼすとされており、平成30年度は奥羽山系のブナの結実が「並作」だったことから、令和元年度に引き続き、令和2年度もツキノワグマの人里への出没が多くなるおそれがあります。

また、今冬は積雪量が少なく冬眠明けの活動が早まるおそれがあります。

クマにあわないための工夫をし、被害を防止しましょう。

クマにであわないために

山でクマに出あわない工夫をしましょう

山や森に入ることは、クマの生活場所に入ることです。
そこで、クマに出あわない工夫をすることが大切です。

農作業中にクマに出あわない工夫をしましょう

人里にクマを引き寄せないために

残飯や生ゴミなどはクマにとっておいしいごちそうです。
いったんゴミの味を覚えると、それを目当てに繰り返し出没するようになります。
ゴミの味を覚えたクマは人里におりて人に危害を加える危険性が高まるため、有害駆除により殺処分されることがあります。
クマと人の不幸な出会いや駆除を避けるため、ゴミは適切に処理しましょう。

もしクマに出あってしまった場合

あわてず、騒がずクマを刺激しない。
急に立ち上がったり、大声をあげたり、物を投げつけたり、背中を見せて走って逃げたりしない(逃げると本能的に追いかけてきます)。
クマの動きを見ながらゆっくり後退する。

ツキノワグマってこんな動物です

体長
120センチメートルから145センチメートル
体重
70キログラムから120キログラム
臭覚
敏感
聴力
優れている
視力
あまりよくない
性格
おとなしい、内気、子連れの親は強気
特技
木登り、水泳、走るのも速い
食べ物
ハチミツ、ドングリ、山菜(タケノコ、フキ、マタタビ、キイチゴ、ヤマブドウなど)が好物、昆虫(アリ、ハチ)、サワガニ、木の若芽、葉、里部に出没し栗、柿等の果樹を食べる。
習性
急に背中を見せて走って逃げると反射的に追いかけてくるといわれている。(逃げるものを追いかける)

クマを目撃したり、出没した形跡があったときは、花巻警察署(0198-23-0110)又は市農村林務課(0198-23-1400)へ連絡してください。

また、クマの被害防止対策などの相談は、市農村林務課又は地方振興局保健福祉環境部へ


関連情報


農村林務課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-24-2111(内線6277) ファクス:0198-23-1403


[0] 暮らし・行政トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City of Hanamaki All rights reserved.